何の変哲もないlove song〜kan〜

e0361989_21564365.jpeg

晴れわたる空に白い雲 
君とぼくがいて
なんでもないんだけどただ笑ってる
たとえばそう 
何の変哲もない愛の歌をうたおう

遠くの山のそのむこうに 
ゆっくり少しずつ
まっすぐのびる飛行機雲のように
たとえばそう 
ひたすら一本の愛を君にうたおう

普通の旋律で ひねらない言葉で
たぶん君が その奥のほうを読みとってくれるだろうから

涙でるような悲しみも 多くの後悔も
君とならば ただの歌になる
たとえばそう 
今あるがままの思いを綴ってうたおう



[PR]
by cafe_mone | 2018-12-09 21:54 | 想い | Comments(0)